最新情報

2017年5月22日

Garden Necklace YOKOHAMA 2017~未来のバラ園

Filed under: 施工事例 — タグ: — admin @ 10:36 AM

2017年3月25日(土)から6月4日(日)までの間「第33回全国都市緑化よこはまフェア」が開催されています。

観光地として魅力ある景観を花と緑で引き立てるだけでなく、様々な緑化技術や手法を用いて演出されています。

 

1859年に近代国際貿易港として開港した横浜港。明治時代にはユリ根の輸出等を通して、欧州の園芸文化の発展に貢献し、花や緑における日本の窓口としての役目を果たしていました。写真はみなとガーデンの山下公園を上空から望む。

 

6月4日までの72日間、100万本の花々が「ネックレス」のように、まち、人、時をつなぎ、美しい横浜が表現されています。

 

テイキンでは「山下公園」と「港の見える丘公園」に ロースポール(オベリスク)、ローズゲート、ローズパーゴラを製作納品させていただきました。

 

5月中旬から6月初旬までは、横浜市の花であるバラと草花の華麗な競演が楽しめます。

山下公園の沈床花壇は、連続するアーチやオベリスクによる立体的な演出により「未来のバラ園」としてリニューアルしました。

 

まだ少しだけローズアーチの骨組みが垣間見えます。

角鋼と丸鋼を組み合わせて製作したのですが、風速や基礎のボリュームなども考慮し、設計段階からプロジェクトに参加させていただきました。

 

写真は製作したオベリスク・・・とは言ってもバラで隠れてしまっています。
5月中旬~6月初旬まで、約190品種2600株のバラの競演が楽しめます。