テロ対策 特殊ボラード

テロ対策

動画はこちら

ATG ACCESS

2015年10月、帝金株式会社は反テロ対策のハイセキュリティーボラード製造の業界最大手「ATGアクセス社」と
日本における戦略的パートナーとして業務提携契約を締結しました。
ATGアクセス社が提供するハイセキュリティーボラードは、世界約50ヶ国で販売されています。
2012年のロンドンオリンピックでは、オリンピックパークの全域や他の開催会場・選手村などで、
860本以上のハイセキュリティー製品を納入して成功に導いた経験があります。
設置場所は電力施設から始まり、空港・駅・スタジアム・選手村と多岐に渡りました。

常に最高のセキュリティーソリューションを開発しており、通常は大きな基礎コンクリートを要するところ、
十数センチのごく浅い深さで施工出来るタイプ(シャローマウントボラード)や、一時的に設置可能なテンポラリータイプ(サーフェイスマウントボラード)、
手動で開閉可能なスイングバータイプ(シティスケープゲート)などを開発。

 また、前述のロンドンオリンピックでは、オリンピックパークとは別に25ヶ所で競技が行われましたが、
離れた場所の会場には「バリアーインアボックス」という一時的且つ移動可能な製品をオリンピック向けに開発。
そのハイセキュリティー製品全てに対し、実車衝突テストを行い安全性を検証しています。

そして、日本国内のオートマチックボラードの販売については長年にわたり機械式駐車装置を製造からメンテナンスに至るまで
一貫したサービスを提供し、国内約70,000台の販売実績を誇るサノヤス・エンジニアリング株式会社と戦略的パートナーとして繋がりを拡大することで、
多種多様なシーンにおいてトータルソリューションとして提案することが可能となりました。

 2016年、帝金が上下式バリカーをこの世に送り出して、ちょうど50年という節目となりました。
日本国内も50年前に比べると、車両の暴走等によって起こる事故が問題視されることが多くなってきました。
帝金では「ハイセキュリティーボラード」の分野における「新たな創造と価値」の提供を行ってまいります。

ATG ACCESS LTD

SP100

  • エミレーツ・スタジアム

    ハンドル
    衝突実験時

SP400

  • Shallow Mount

    Shallow Mount

  • Shallow Mount

衝突実験

  • ハンドル

    ハンドル

  • ハンドル

電動ドリルを使用し上下させるタイプ

SP1000

  • イギリス ロンドン

  • イギリス ロンドン

衝突実験

  • イギリス ロンドン

    イギリス ロンドン

  • イギリス ロンドン

ASTM

Centurion Bollard

  • 形状イメージ

  • 衝突実験

Cityscape Gate

  • ゲートが開いた状態

  • シンガポール
  • ハイセキュリティーゲート
  • 衝突実験

    オリンピックススタジアム

Surface Mount Bollards

  • 衝突実験

施工方法

Barrier in a Box

  • 取付方法

  • 衝突実験

PAS68 Classification