バリカー上下式

バリカー上下式

必要に応じて地中に収納可能。機能で選べる3つのタイプ。

地中に収納できる、上下可動式のバリカーです。製品寿命や安全性を向上させており、高いコストパフォーマンスを発揮。

市街地だけでなく、さまざまな景観に調和するデザインで、幅広く活躍します。用途に合わせて3つのタイプをご用意しました。

  • 施工例
  • 特長 TYPE1〜3共通
  • 特長 スタンダード
  • 特長 バリアフリー
  • 特長 バランサー内蔵
  • 施工タイプ一覧
  • 使用方法

3つのタイプ

  • 支柱ケース底部に隙間と逃げ口を確保しているため、土砂や雨水が浸入する場所でも安心して設置できます。収納時はキャップにより土砂・雨水をガード。砂地や公園などのような場所でも幅広く使用できます。

  • 地中収納時に段差が生じない、バリアフリー仕様のバリカー。高齢者や車イスの方などが安全に通ることができます。素材別に豊富なラインナップをご用意。

  • バランサー(定荷重バネ)内蔵で、重い柱も軽々と上げ下ろしが可能に。頑強なボディで、不法進入車の抑止効果が期待できます。

施工例

ページトップ

特長 (TYPE1〜3共通)

  • 金属音を低減する静音設計

    早朝や夜間、クサリの出し入れの際、気になっていた“あの金属音”が、静音設計によって静かになりました。

  • 特殊仕様

    スプリングの弾力で衝撃を緩和

    支柱の一部を2重巻きスプリングにすることで、車などの接触による衝撃をやわらげる機能を兼ね備えます。

  • 基本仕様

    ネジを外すだけで支柱の取り替えはカンタン

    基礎部分は鋳鉄製で、車両衝突時にネジ山がつぶれず、支柱部の取替が可能です。施工をやり直すことなく、長くお使いいただけます。

    高級鋳鉄製の頑強な外側ブッシュ

    基礎部分には耐久性に優れた高級鋳鉄を採用。埋設部上部は逆テーパ型で、本体の沈下も起こりません。

    埋込部をガッチリ支えるアンカープレート

    アンカープレートが、基礎コンクリートにガッチリくいこみます。

    地中でも支柱を守るポリエチレン管

    エイジングや腐蝕、地中の震動にも耐えます。

ページトップ

特長 (スタンダード)

   ページトップ

特長 (バリアフリー)

   ページトップ

特長 (バランサー内蔵)

   ページトップ

施工タイプ一覧

ページトップ

使用方法

  • 各タイプの使用方法(例)

    建物の壁ぎわなど、柱の上下が不要な場合には固定式のSDタイプをご使用ください。地上部の形状・機能は上下できるものと全く同じです。

  • 柱の施錠とカギの種類

    帝金バリカー上下式には、部外者が無断で操作できないようにカギが付いています。

  • クサリの取付方法( C、CTタイプ)

  • 支柱の取替え方法

    破損した支柱は、GL面のビス4本を外して簡単に取替えができます。施工後かなり時間が経っていたり、砂詰まりなどでビスが外れにくい場合には、市販の潤滑剤やインパクトドライバーを使用してください。

    取替えの際の注意
    ビスは、ばらつきや緩みのないよう交互に確実に締付けてください。
    なお、取替え時は支柱が落下しない様にご注意ください。

  • 理想的な施工ピッチ

    施工時における支柱ピッチは2mが最適です。車の進入を阻止するばかりでなく、より美しい景観づくりのためにも、できるだけこのピッチをお守りください。帝金のクサリ内蔵タイプは支柱ピッチで2m分のクサリを内蔵しています。

    ※ KS-22Cおよび322Cは、支柱ピッチ1.5m分内蔵です。

ページトップ