車止めポール・バリカー・ボラードの帝金株式会社

車止めポール・バリカー・
ボラードの帝金株式会社
女川駅前


女川駅前

宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原

2018年

震災復興のトップランナーと評される宮城県女川町。 着々とまちづくりが進められています。

その中でもひときわ目を引く新女川駅は、世界的建築家・板茂さん設計。羽を広げたウミネコをイメージしたデザインとなっていて、外壁は県産のスギ材が使用されています。

駅前広場と駐車場の境界にボラードをご採用いただきました。

スチールパイプφ101.6mmにアルミ鋳物を装着したシンプルなデザイン。色調はダークグレー色の5分艶で落ち着いたイメージに仕上げています。

「我等が郷土の再建の為、春夏秋冬昼夜分かたず現場で尽力された全ての人々に心からの感謝を捧ぐ」と刻まれた石碑。

駅西側には駐車場が併設され、照明柱のガードとしてコーナー型のバリカーが設置されています。

駅前からプロムナード越しに海を見下ろす。

街の8割が流された女川町は、防潮堤を作らず町全体をかさ上げしました。 元旦にはプロムナードの先から初日の出が昇ってくる設計になっていて、 町全体で正月を祝うそうです。

関連製品

ページのトップへ