ソーラLED

ソーラLED

車からの視認性を高め安全・安心をはかる“光る”バリカー。

  • 施工例
  • 特長

特長(イルミーナ)

ページトップ

特長(イルミーナ)

  • 夜でも感知しやすいブルーの光

    夜間になると周囲が明るく見えるように感じる、淡いブルーの光。

    心理的な沈静作用があると言われており、防犯対策としても注目を集めています。

    停電でも発光を持続、災害時の道標に!

    太陽電池を採用しているので、電力供給がストップする災害時にも発光します。明かりの全くない夜間の誘導対策に最適です。また、太陽電池なので電源工事は不要です。

    長寿命キャパシタを採用

    蓄電部には、従来のニッカド電池に比べ寿命が長いキャパシタを採用しています。

    LED4個使用で、明るさアップ!(LIM04)

    イルミーナソーラータイプは、LEDを4個使用し、12時間連続点灯を可能にしました。照明部分はFRPを採用し、高強度を確保しています。いたずらなどの心配もありません。

   ページトップ

特長(ソーラーLEDバリカー再帰反射バリカー)

ソーラーLEDバリカー

  • 高輝度LEDで視認性アップ

    光源には省電力&長寿命で、視認性の高い高輝度

    LEDを使用しています。

    赤色点滅

    青色点滅

    ソーラーバッテリー使用で電気工事不要

    環境にも経済的にもやさしいソーラーバッテリーを使用。配線工事は不要です。

    長寿命キャパシタを採用

    蓄電部には、従来のニッカド電池に比べ寿命が長いキャパシタを採用しています。

    衝撃に強いポリカーボネート樹脂採用

    接触や衝突などの衝撃に強いポリカーボネート樹脂を採用。側面カットにより、広範囲に発光します。

    材質から選べる3タイプ

    支柱の材質は、「リサイクルゴムチップ」「再生プラスチック」「ステンレス」の3タイプからお選びいただけます。

街に、やさしいブルーの光を。

  • Teikinは、地域の防犯対策にもご利用いただける「青く光るバリカー」をご用意しています。やさしいブルーの光りで、安心・安全な街づくりをサポート。効果的な防犯対策に、要所への部分設置を提案しています。

  •   

  • 停電でも発光を持続誘導に最適

    電力供給がストップした場合にも発光するため、災害時の道しるべとなり、帰宅難民などの誘導対策にも最適です。

  • 街灯が消えると犯罪増加?停電時の防犯効果に期待

    東日本大震災直後、東京都内でひったくり事件が急増し、2ヶ月で約330件の上ったとメディア(※)で報じられました。

    その背景には、計画停電や節電により、街灯が消えて暗がりが増えたことが影響していると考えられています。

    停電時でも発光するソーラーLEDタイプは、夜間に感知しやすい青色の光。街灯がつくまでの予備照明として、街の犯罪抑止に効果が期待されます。

    (※2011年5月19日産経新聞より)

街に、やさしいブルーの光を。

  • Teikinは、地域の防犯対策にもご利用いただける「青く光るバリカー」を
    ご用意しています。

    やさしいブルーの光りで、安心・安全な街づくりをサポート。

    効果的な防犯対策に、要所への部分設置を提案しています。

   ページトップ